メッセージコラム

今、溺れている人がいたら

今、溺れている人が、
「他の溺れている誰か」を救うことは難しい。

しかし、溺れている人ほど、
自分に自信がなかったり、
自己価値観が低かったり、
誰かに認められたい気持ちから、

「誰かを救わなければいけない」
「誰かを救うことで、私も救われる」
「誰かを救うことで、私のことを認めて欲しい」
「誰かを救い、助ける『いい人』の私を、もっと見て!構って!」

という衝動が起きやすくなってしまう。

しかし、その関係は、
「適切な人間関係の距離感」が破綻しやすく、
「依存的な関係」に陥りやすい。


皮肉なようだが、
救おうとしたのに、
かえって、「救いのない関係」になりやすい。

その上、その関係が破綻すると、
ますます自信を失い、
自己嫌悪が強くなってしまう。

ちょっと厳しい言い方になってしまうが、
「他の溺れている人」は、
「あなたのポッカリと空いた心の穴を満たす道具」でもなんでもない。


まずは、自分の立ち位置や状態を自ら知ること。

「溺れる人を救える人」は、

「今、溺れている、混乱した自分」ではなく、

「泳ぎ方を熟知している人」
「そのままだとどうなってしまうか、客観的に冷静に観られる人」
「一度溺れかけたけど、泳げるようになった人、そこから生き残った人」
にしか、救えないのだから…。


-メッセージコラム
-, ,

© 2021 BLOOMING LOTUS