メッセージコラム

負けたところから、全てが始まる

「僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない」

そんな歌が、昔ありました。

リアルタイムで聴いていた昭和生まれの私は、「本当にその通りだ」と思いながら聴いていました。

でも、全てを「勝ち負け」という価値観で見ていくのは辛すぎますし、
今はそういう価値観の世界でも無くなりました。
その価値観だと、今では論理破綻になってしまうというか、無理が出ちゃうんですね。

なぜなら、
誰も勝ってもいないし、負けてもいない。

「負けている」と思っている場合は、そういう価値観をまだ持っているからなのかもしれません。

どういう価値観を持つかはその人それぞれの自由。

だけど私は、そういう価値観ではなく、
もっと優しく、
もっとおおらかで、
もっと穏やかな、
そんな世界で生きていきたいなあ、
と感じています。

そんな勝ち負けの考え方で、これはアリ、というものが二つあります。
(厳密にいうとそれらは「勝ち負け」ではないのですが)

一つは、ゲームやスポーツでの勝ち負け。
これは一定のルールの下でやっているから、面白いし、フェアなわけですね♪
「勝っても負けても面白い!」と思えるものに出会えることは幸せなことですよね(^^)


もう一つは、

「自分の限界を感じた時」。

ちゃんとやっているつもりだったのに、周りから取り残されていた…とか、
自分の考え方や行動量が甘ったり、目指していた方向性が適切じゃなかったために、
自分の思った通りの結果が出なかった時。

そんな時、「何かに負けたような気持ち」になったり、
場合によっては「自分の情けなさ」に気づいて、泣けてしまう時もあるかもしれません。


でも、そんな時はとても大切な時なんじゃないのかな、と思います。

そんな時は、自分を責めないでほしいです。

情けなさを感じているということは、「冷静に現実を受け入れようとしている」とき。

情けなさやどん底感を感じても、
現実を受け入れたら、またそこから前に歩いて行けばいい。

「負け」を認めた瞬間から、全てが始まっていきます。

目の前のことを、一つ一つやっていく、ただそれだけで十分です。

どんなにどん底の時でも、目の前には必ず「その時やらなきゃ行けない何か」がそっと置かれています。

それを素直な気持ちで取り組むとき、
些細なことのようでも、それは「勝ちにこだわりすぎていた」自分からすると、とても大きな一歩なんじゃないのかな♪、と思います。

松下幸之助さんだったか、稲盛和夫さんの言葉に、

「人生には負けしかない。
負けて、工夫して、また負けて工夫して、その繰り返しで進むしかない」

という言葉を知った時、とても励まされ、気持ちが楽になりました。

「ああ、負けていいんだな」、って。

負けたからって、自分が損なわれるわけじゃない。

自分の余計な部分を削ぎ落としてもらっただけ。

負けたからこそ、現実を受け入れて前に進んでいきましょ♪

彼岸花が咲く季節になりました

-メッセージコラム
-, ,

© 2022 BLOOMING LOTUS