メッセージコラム

僕が僕であるために

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

僕が僕であるために/尾崎豊

…そう尾崎豊は歌ったけれど。

自分自身でいるために、果たして勝ち続ける必要はあるのだろうか?

この「勝ち続けていなければ、望みは叶わない、自分らしくいられない・出来ない、思い通りの人生を生きられない」

という考えや「設定」は、多くの人がとらわれている呪縛の一つなんじゃないのかな、と思う。

この考え方自体、ナンセンスで時代遅れ、もう今の世界や価値観に合ってはいない、と思っていても、多くの人がこの考え方にとらわれ、不自由な心の設定の中で生きていると感じている。

恐らく、親や指導者など上の世代から「そういうもの」として小さな頃から潜在意識に刷り込まれてきた事が、知らず知らずのうちに「厄介な心の設定」となって、いろんな影響を及ぼしている。

私自身、尾崎世代ど真ん中世代で大好きだった。

だけど、あえて言わせてもらうと、

「勝ち続けなくても自分自身の人生を歩んでいけるし、

むしろ、負けた時や失敗したとき、思い通りに行かなかった時にこそ、自分自身の力や可能性が広がるとき」
だと感じている。

勝ってもいいけど、負けたっていい。
そもそも勝ち負けなんか、人生にはないんだから。

どう自分の人生を生きていくか、自分と向き合って生きていくか。

いつだって、私は私、あなたはあなた。

そこには優劣も勝ち負けもなく、ただ「在る」というだけ。

ただそれだけなんじゃないのかな?


勝ち続けてなんて行かなくて、いい。

あなたはあなたを楽しませ、思いっきり歓びを感じながら生きていけばいい。

ただ、それだけだよ💖

-メッセージコラム
-,

© 2022 BLOOMING LOTUS