メッセージコラム

柔らかい心でいる、たった一つの方法

今週は、2ヶ月ぶりに滝行に行ってきました。



毎回、かなり早朝に滝場へ移動し、ベストな状態とは言えなかったため、今回は前泊しました。

前泊し、美味しいお食事に舌鼓を打ったり、温泉に入って早寝して、寝坊してしまうくらいぐっすり眠った上で、翌日はしっかりと滝行と瞑想ができて、とても良かったです。

毎回、滝行瞑想会の後では奇跡的な体験があるのですが、今回もまた、とても奇跡的な体験が出来たんですよ♪


滝行に限らず、浄化してくことって、とても大切なんじゃないのかな、と感じています。

自分の人生を振り返っても、
いろんな方々のケースを見ても。

うまくいかない時って、

・「なんらかの思い込みや執着」がある
・でも、それを自分では気づいていない or  認めようとしない


だけなんじゃないのかな…?

そうすると、どうしても「行動や直感よりも、ぐるぐると頭で考える思考」が優先になってしまう。

そうすると、「これは失敗だった、自分には必要のないことだった、もう止めなきゃ、離れなきゃ」という状態になった時も、「止めること、手放すことを決められなく」なってしまいます。

とても腰が重くな理、行動出来なくなってしまうんですね。

それだと、どんどん生きづらくなってしまうだけ、さらに状況を悪化させるだけになっちゃうから、

「あ、これ違うな、おかしいな」

と思ったら、一旦手放す、やめてみることは、とても大事なことです。


しかし、自分に自信が無く、劣等感の強い人ほど、この「手放す」ということが、なかなか出来ない。

「自分が熟考してせっかく選んだことを否定したくない」と。

日頃から、自分で自分を認められないから、こだわってしまうのかもしれないけれど。

でも、それにこだわる必要は、一切ないんですよ。

人はもともと完璧じゃないから、
方向性を変えることは悪いことじゃない、
むしろ自然なこと♪


そして、自分にとって大切なことは、

「熟考したこと」よりも、

「直感で感じたこと」。

「直感」と「その場の気分」はまた違うことだから、注意してくださいね♪

「直感」には愛があるけれど、

「その場の気分」は、どこか言い訳がましいところがあるんです。


直感を感じるには、自分を認めること。

自分を、「真の意味で」喜ばせていると、自然に自分を認め、柔らかい優しい心でいられますよ。

あなたが「真の意味で」うきうきワクワクと時間を忘れるくらいに喜びを感じるのは、どんな時ですか…?

自分の心に栄養と潤いをあげましょう。

それが浄化につながり、良い循環になっていきますよ。

-メッセージコラム

© 2022 BLOOMING LOTUS