メッセージコラム

ジャッジメントや嫉妬がもたらすもの

ジャッジメントや嫉妬など、ネガティブな思い癖で苦しんでいる人は多いです。

心のどこかでは、

「他人を批判的にみている自分が嫌だ」
「もう、こんな風に思ったり言ったりする自分が情けない」

と思いながらも、

ついつい、自分よりも弱そうな誰かを批判したり、ジャッジメントして「下げ」た視点で見なしてしまったり。

また、自分よりも楽しそうに、幸せそうに、自由に振る舞う誰かのことを嫉妬したり。

これらのジャッジメントや嫉妬は、主張を「正当化」することで、ますます厄介なものになっていきます。

とても辛い状態ですよね。

そうなると、お仕事もパートナーシップや友達付き合いなどのプライベートも、なかなかうまくいかなくなってしまいます。

では、このようなジャッジや嫉妬は、何をもたらし、どうすれば解消するのでしょうか…?

ジャッジや嫉妬は、他人に向けたようでいて、
実は全部が全部、自分自身に向かっています。

その瞬間は、誰かの批判や「下げ」をして、

「自分こそが正しい」
「それに気付かない奴はバカだ」

と、周りをバカにして、束の間の自己顕示欲を満たし、すっきりした気でいても、1テンポ遅れて、ドカーンと全てが自分に向かってきます。

結局は、嫉妬もジャッジも、自分に跳ね返ってきてしまいます。

それは、

・誰か他者があなたの代わりにあなたを怒鳴り飛ばしているかもしれないし、
 (よく「訳の分からない理由で怒鳴られた」とかもそうです)
・あなたの良心(魂)が「なんでそんなバカなことをしたの。他人のことを言えるほど、あなたは偉いの?」と、なんらかの形で気づかせてくれているのかもしれない。

しかも、10やったら、10で等分に行って来いで返って来るのではなく、
だいたい3倍以上の勢いで返ってきます。


それだけではなく、ジャッジや嫉妬は、「他人を批判しているようで、実は自分を批判し、縛り付けている」ことになり、ご自身の可能性を著しく狭めてしまいます。


ジャッジと嫉妬は、「そうしたくなる理由(呪い、ブロック)」が潜在意識に必ず刻み込まれています。

それを解放すると、気づきが起き、瞬間的に終わっていくので、そのジャッジや嫉妬から解放され、本来の穏やかな気持ちで生きられるようになります。


あなたの心を自由にするために、軽やかに生きていくことが大事です♪

-メッセージコラム
-, , , , ,

© 2022 BLOOMING LOTUS