メッセージコラム

完璧主義から離れ、穏やかな人生を生きる〜自分を許すということ②

2022.08.11

前回はこちら「自分を許すということ①」

「自分を許すこと」…

私にとってもとても大きな課題でした。

元々、自分に自信がなく、それ故にとんでもないレベルでの完璧主義でした。

小さい頃からそれが当たり前すぎたが故に、「自分は完璧主義者だ」ということにすら、40代になるまで気づいていなかったんですね。

努力するのは当たり前、
私より苦労している人がいるのは当たり前、
私より頑張っている人がいるのは当たり前、
だから私も人より倍以上努力して頑張らなければいけない…

日本ではこういう考え方は決して珍しくはなく、
むしろ一般的、
それどころか「そうするべき、それが正しい」と推奨されていた考え方ですが、
今の時代や世界ではもう合わない、旧い考え方になっています。

読んでいるだけでも息苦しい文章ですが、
無意識のうちに「それが正しい」「そう生きなければならない」と思い込んでおられる方は少なくないのではないでしょうか…?

私の場合も、この息苦しい考え方は、かつての私を長年大いに苦しみました。

この考え方の危ういところは、

常に人と自分を比べてしまう(比較思考)
結果的に自分を卑下してしまう(自尊心、自己価値観の欠如)
自分自身や相手や周りに、ネガティブな設定をつけてしまう
今いる自分を認められない、信じられない
→自己承認欲求が過剰になってしまう

…という様々な弊害が起きていました。

「完璧な自分が本当の自分、
そうじゃない自分は許せない」と…。

でも、そんな考え方で生きていても、どうしても矛盾がでてきてしまいます。

私の40代は、そんな大きな矛盾を終わらせ、自分を癒し、認める過程だったような気がします。

なぜ、完璧主義から離れられたのか…?

それは「気づく」ということ。

気づきが全てのスタート。

自分でなかなか気付けない人は、「気づき」を促してくれる誰かの手を借りると、一気に進んでいきます。

完璧な自分じゃなくても、自分には素敵なところがいっぱいあり、その通りに生きていけることに気づけるから。


そして、私のクライアントさんも皆様、「セッションが楽しい」と仰ってくださるのですが、その理由をお尋ねすると、

「気付けてよかった」
「気付けたら、すごく軽くなって、軽くなったらなんだか楽しくて」

とおっしゃいます。

気づきは、自分の余計な枷を外していきます。

軽やかで穏やかで幸せなのが、本来の人生のあり方、姿です。


あなたの人生は、穏やかで、軽やかで、愛に包まれた幸せな人生ですか…?

-メッセージコラム
-, , ,

© 2022 BLOOMING LOTUS