メッセージコラム

リセット癖〜自ら幸せを遠ざけてしまう人がとってしまう行動②


前回に引き続き、「自ら幸せを遠ざけてしまう人がとってしまう行動」について書いてみたいと思います。

「自ら幸せを遠ざけてしまう人がとってしまう行動①」はこちら。

これは男性よりも圧倒的に女性に多い傾向です。
それは、

「リセット癖」。

心当たりのある方はいらっしゃいますでしょうか…?

くれぐれも誤解していただきたくないのは、「転職や離婚が悪い」と言っているわけではありません。

それぞれにしっかりとした理由が目的があれば、それは「人生にとって前向きな選択」になると思います。

(私も転職・離婚・再婚、どれも経験してきましたし♪)

ただ、それとは違い、
なんとなく流されるように生きて、
なんとなく転職・職場を変えたり、
あまり考えずに仕事を辞めたり、
逃避するように離職←→転職を繰り返したり、
相手と十分話し合うこともなく、お互いの責任を意識し、次に活かせることなく、ただただ「誰かとくっついて、別れて」を繰り返したり、
せっかくご縁のできたコミュニティーをふらふらと渡り歩いたり。


特に仕事やパートナーシップで多いのですが、

①何かしら「これは私に合わない」「私の話を聞いてくれない」「私を尊重してくれない」と思うとそればかりが気になり、相手や周りに批判的・他責的になったり、

②その割に「私だけ我慢すればいい」と決めつけ、周りと話し合ったり、お互いのそれぞれの事情をすり合わせて調整し合うようなことはせず、(ご本人にとっては)不本意な状況をだらだらと続けてしまったり、

③「どうせ何をやっても、自分が頑張っているのわかってくれない」と、相手や周りを決めつけたり、

④何か言いたいこと・変えたいことがあっても「周りに嫌われたくない・波風を立てたくない」と自分の意見を言わなかったり…。


このような傾向の強い方は、

全か無か、
白黒思考、
0ー100思考に陥りやすいため、

「周りと自分をすり合わせる」ということがなかなかできないので、
「誰かと話し合う」ことが十分に出来ずに(選択せずに)、

「辞める」
「そことの縁を切る」

という選択を「なんとなく」選びがちです。

自己価値観や自尊心が低すぎるため、「他者と対話する」「他者や周りを信頼する」ということが出来ない、とも言えるでしょう。


しかし、このような場合、「そこからの卒業」としての「次につながるステップ」としての区切りではなく、

「自分の課題からの逃げ」である場合が多いので、

転職して職場を変えても、
パートナーを変えても、

また以前と同じようなことが起きたり、
むしろ「前よりも深刻な状態で似たようなことが起きてしまう」ということが起きてきます。

逃げたり、人とのご縁を大切に出来ない人には、それなりの対価を自分自身の人生の中で支払うことになってしまうからです。




同じようなことを繰り返しても、学習できない。
似たようなことを、繰り返してしまう。
そんな自分に、自己嫌悪してしまう、落ち込んでしまう。
さらに自尊心も自己価値観も低くなり、
それに反比例するかのように、他責的な思考や、周りへの不信感が強くなる。


それはご自身にある「なんらかの課題」が関係しています。

しかもそれは「自分では気づかない【潜在意識】で起きている場合も多いので、自分では何が問題なのか、どうして良いか分からなくなったり。

そんな時こそ「信頼のおける、利害関係のない他者」からの意見が大事だったりします。

例えば、セッションやメール鑑定なども気軽に使って、ご自身の人生を健全で軽やかな方向に変えていっていただけたらな、と思います。


他者をコントロールする事はできません。

変えられるのは、自分自身の考えと行動だけです。

でも、それが人生を良い方向にも変えていきます。

-メッセージコラム
-, ,

© 2022 BLOOMING LOTUS