メッセージコラム

パラレルワールドにいる自分に会いに行って、涙がこぼれた話

パワレルワールド…並行世界、並行宇宙とも言います。

私たちは、自分がした無数の選択の数だけ、並行世界の数があります。

仕事や転職、結婚や離婚など、大きな選択もあれば、
小さな選択も含め、たくさんのパラレルワールドがあります。

私は以前から、夢を見ると別のパラレルワールドにいる自分を見ることがあります。

最初はただの夢だと思っていたのですが、
・同じ環境や状況での世界の夢を、まるで連載物のように連続的に見ていたり、
・「今ここにいる自分」がパラレルワールドにいる自分を俯瞰して見ていて、
「ああ、この時の自分は、あの時、この方向へ進んだ自分なんだな」
と自然に腑に落ちることが多くあり、

「今、ここの自分」と「別の世界の自分」がそれぞれ存在していることを理解しました。

また逆に、「今ここにいる自分」を「別の世界の自分」が見にきていることがあるな、と感じることもたまにありました。
(だからといって、今の自分に特に影響がないというか、気にする意味もないので、「ふーん」って感じで、気にしていません。)


このパラレルワールドは、私だけでなく、皆さんにももちろんあるんですよ。

だからこそ、

「自分はどう生きているか?」
「何を選択し、何を意図し、何を決めて生きているのか?」

「どんな方向性で生きているのか?」

は生きていく上でとても重要なこと
なんですよ。

昨夜、久々にパラレルワールドの自分に合う夢を見ました。

それは、初めて訪れたパラレルワールドでした。

今と同じ場所、同じ部屋、同じ旦那さん。

しかし、この世界の自分とは大きな違いがありました。

そのパラレルワールドの自分は、旦那さんと結婚して間もなく、子宝に恵まれ、赤ちゃんを産んでいました。



玉のように可愛い赤ちゃんを、
愛情いっぱいの笑顔で見つめている私と旦那さん。

絵に描いたような幸せな光景に、私は涙が溢れ出てしまいました。

「ああ、この世界の自分はこんなにも幸せで良かったなあ」と。


夢から目覚めた後も、しばらく涙が溢れて止まりませんでした。
幸せな、感動と安堵の涙。


なぜ、こんなにも涙が出てくるんだろう、と思いました。
今の自分も、それはそれでとても恵まれて幸せいっぱいなのに。

そこで気づいたのが、
自分で思っていたよりも、子供を作れなかったこと、子宮筋腫で子宮を失ったことについて、心のどこかで後悔していたり、罪悪感を感じていたんだな、と思いました。

でも、パラレルワールドの自分を見て、

「そんなことで悔やんだり、自分を責めたり、気後れしたり、自分を卑下しなくても良い。
パラレルワールドの自分はこんなにも幸せそうじゃないか。

だったら、この世界の私も、もっともっと、幸せになっても良いんだな♪」


と、心や気持ちが解放されるような、自由で満たされた感覚でいっぱいになりました。


私はもっと、この世界を楽しんで幸せになって良い。

きっとそれが、他のパワレルワールドにいる自分の幸せにもつながり、全ての自分の底上げになるんだな、と

「ちゃんとしなければ、幸せになれない」
「自分には幸せはハードルは高い」

そう思い込んでいる人にこそ、伝えたい。

幸せは、今ここにあるし、
あなたはもっと幸せになっていいんだ、ということに。


幸せは、誰かがそうしてくれるんじゃなく、
自分で「決める」ことから始まります。


「どうしてもうまくいかない」
「幸せになれない」
「頑張っているのに手応えがない、裏目に出てばかりいる」

そういう方は、そうなっている「自分では気づかない、心のメカニズム」があります。

すごく簡単なメカニズムなのですが、
「自分の背中は、自分では見えない」ように、自分ではよくわからないのですね。

それを外すと、少しずつ、しかし確実にどんどん世界は変わっていきます。


あなたも、最高で幸せな自分になっていきましょう。

絶対に、幸せになれます。

なぜなら、パワレルワールドのあなたは、きっと幸せに暮らしているから。

-メッセージコラム
-, , , ,

© 2022 BLOOMING LOTUS