メッセージコラム

私たちは、音の渦の中で生きている

2021.04.07

自分ではそれが当たり前だったので、つい最近まで気づかなかったのですが、
私は、聴覚がとても敏感です。

もともと聴覚は鋭かったのですが、
霊能力が強くなり、開いていくに従い、さらに聴力が鋭くなりました。

きっかけは、ちょうど1年前。
いつも自宅で仕事している私に、旦那さんにノイズキャンセラー付きのヘッドホンをプレゼントしてもらった時でした。

https://www.instagram.com/p/B_W6K_fACWo/?utm_source=ig_web_copy_link

それまでは普通のイヤホンを使っていたので、
「ノイズキャンセラー付きのヘッドホンがもたらす静けさ」に驚きました。

「こんなヘッドホンを使うだけで、こんなにも世界は静かになるのか…!」と。

耳が敏感なので、音楽を聴くよりも「雨の音」などのホワイトノイズの方が集中できるので、仕事中はずっと雨音を聴いています。

(普通の曲だと、歌詞が気になったり、音が「ジャーン!」と大きく鳴ったりすると、それだけでも集中できないため)

考えてみたら小さな頃から、雨の日に、ずっと雨音を聴いているのが好きでした。

今思うと、「耳に優しいから」だったんだと気づきました。


それから次第に、「環境や周りの音」がすごく疲れをもたらすんだということに気づきました。

例えばこれは、どこにでもあるショッピングモールですが、私には以下のような音が一気に耳に飛び込んできます。

・ショッピングモールのBGM
・各飲食テナントのBGM
 お店によって、ロックやポップス、和風の音楽、ジャズやクラシックなど…全てのお店のBGMが、耳元で鳴っているように聴こえます。
・歩いている人たち、それぞれの話声
・靴音
・空調の音
・各飲食テナントから聞こえる、カチャカチャした厨房の音や、お客さんたちのフォークやスプーンが食器に当たる音

…これらが、「遠くの音、近くの音」という区別なく、
「全て、耳元で鳴っている様に聞こえる」ので、賑やかなところを歩くのは、すごく疲れてしまいます。


また、家でも、日中一人で仕事していても、

・集中換気のモーター音
・加湿器の音
・空気清浄機の音

などが聴こえるので、このヘッドホンをしていると、脳が余計な仕事をせずに済むので、とても集中できます。



カフェなどでも、
近くの席の方の話し声も、遠くの席にいる方の話し声も、
どちらも同じくらいの音量で、耳元で話されているかの様に聴こえるので、落ち着かないです。

この様な話をすると、聴覚過敏でない方からは、

「イヤホンで好きな音楽を聴けば?」

と良く言われます。

しかし、聴覚過敏の場合、
好きな音楽でも、脳まで直球に響いてしまい、うるさく感じてしまうので、
聴ける時はあくまでも「その音楽を楽しみたい時」であり、
いわゆる「ながら聴き」は出来ず、
聴ける機会は、かなり限られてしまいます。


そこで先日、以前から気になっていた、デジタル耳栓を買ってみました。

キングジムのデジタル耳栓 MMー1000です

このデジタル耳栓、お値段はお手頃なのですが、性能は抜群で、驚くほど静かになります。

しかし、アナウンスなどの必要な音声は、優しく遠く聴こえる感じ。

移動時など、電車や駅も、これを使うと、いかにうるさい世界に今まで自分はいたのか、と驚きます。

(普通の耳栓だとアナウンスなど必要な音声もシャットアウトされるので、ちょっと危なかったりします。)


またカフェで人とお話しする時も、
耳が敏感すぎて、
カチャカチャと厨房の食器の音がうるさかったり、
レジなどのお会計の声、
肝心のお相手のお話があまり良く聴こえず、
逆に周りの他のお客さんの声ばかりが聴こえて…ということが多かったのですが、

これを使ってお話しすると、
目の前にいるお相手の声はしっかりと聴こえ、
逆に周りの声が遠くなり、あまり聴こえなくなるため、落ち着いてお話ができます。


出かける時は、自然の中にお散歩に行ったり、自転車を乗る時以外は、基本的にこのデジタル耳栓をつけて、快適に移動しています。


本当に、「静か」って、生きる質をあげるなあ、と実感しています。


もし、このコラムをお読みになっている方で、
私の様な経験をされたことのある方は、ぜひ、

・ノイズキャンセラー付きのヘッドホン
・デジタル耳栓

を使ってみてくださいね〜!


心穏やかに、安らかに生きていきましょう。

-メッセージコラム
-,

© 2021 BLOOMING LOTUS