メッセージコラム

目に見えるものだけにこだわってしまうと…

看護師として県のコロナ対策の仕事をしながら、占い師・チャネラー・霊能師・エネルギーワーカーとしても仕事をしている天音結里愛です。

前のコラム「看護師に戻って良かったこと①」にも書きましたが、真逆のような二つの仕事をして、気づいたことがたくさんあります。

その中の一つが、

「目に見えるものだけにこだわりすぎると、幸せな人生を送る事は難しい」という事です。


私たちは、小さな頃から「目に見えるもの・判断出来るもの」に優劣や良し悪しをつけることを知らず知らずに身につけ、育ってきました。

背が高い・低い、
たくさん友達がいる・本当の友と言える人がいない、
かわいい、見栄えがいい・パッとしないルックス、
スポーツや勉強が出来る・出来ない、
陽キャ・陰キャ、
気が利く・気が利かない、
女性(男性)として魅力的・異性から良い評価を得られない、
モテる・モテない、
収入が多い・少ない、
羽振りのいい生活をしている・爪に火をともすような生活をしている、
社会的に評価されている・誰からも評価や尊重をされていない、
結婚して子供がいる幸せな家庭を気づいている・一人で孤独な生活をしている、

大切な人から愛されている・誰からも愛されていない…


こういった基準を挙げれば、キリがないかもしれません。


でも、これらの基準を見ていると、違和感を感じませんか…?

「本人が、穏やかな気持ちで、充実した人生を歩み、幸せであれば、それでいいんじゃないのか」と。

「外側の、誰かの基準」に振り回されたり、それを基準にしてしまうと、

いつまでたっても「自分の基準」ではないので、人生はとても苦しくなっていきます。


また、「外側の、誰かの基準」に振り回されてしまう人は、

「誰かや何かのせいにしやすい」
「周りの人を振り回しやすい」


という共通点もあります。

不安や恐れが強くなりやすく、心が安定しないので、
「自分のことなのに、自分で責任を取ろうとしない」ケースや、
「自分の身の上に起きている事は、自分に原因がある」ということを受け入れられなかったり、
「自分がした選択への覚悟が出来ていない」ケースも多いです。


「親から十分な愛情や承認・肯定感を得られないまま、大人になった」方が多いため、
「目に見えるもの」にこだわりすぎる傾向が強いです。

そうすると、家族や恋人、友人や周りの人との距離感がおかしくなりやすいので、

「相手を振り回す事で、愛情を感じようとする」人も多いです。


でも、そのような距離感は、破滅的になりやすいです。
(例え、自分では破滅を望んでいなくても)

やがて相手の人も疲れ切ってしまうので、次第に自分から離れていってしまいます。

そうすると、余計に愛を求めて、愛されようと焦って…と悪循環になりやすいです。

パートナーシップがうまくいかない方も多いです。



目に見えるものにこだわり過ぎないこと。

自分の心の目が曇っていなければ、

「ほんとうは自分がどうしたいのか」、
「相手は何を望んでいるのか」、
「今、何が最善なんだろうか」、

ということが自然に感じられるようになります。


占いエネルギーワークをやっていて感じるのは、その方の「心の目の曇り」を取る作業を手伝っているんだな…と感じます。


もし、ご自身が破滅的だと感じる何かがあるのなら。
あなたはそれを望んでおられるのでしょうか…?

あなたのこだわりは、何でしょうか…?

人は誰でも、幸せになる力と心の目を持っています。

-メッセージコラム
-, , ,

© 2022 BLOOMING LOTUS